手汗が止まらない悩み

手汗が抑えきれないことで、あらゆる場面で困難があります。

 

・職場での電話受渡し
・人前でしゃべると手汗で手持ち資料がぐちゃぐちゃ
・デートで手をつなぐことにためらいがあり、積極的になれない
・スマホ画面が滑って反応しない

 

などなど…。

 

ネット情報で、効果的なツボを押してみる・腹式呼吸を取り入れる・・・
食事改善・定期的な運動…どれを取り入れても思うほどの効果が出ない・・・

 

 

ただ、安心してください。
今では、手汗をピタッと止めることが出来るケア商品があります。

 

制汗剤で汗を抑える・ニオイを消すというのを思い浮かべる人は多いですが、
多くの人がイメージしているの脇対策のものです。以前は、脇の制汗剤が一般的でした。

 

実は、手汗専用の制汗剤が、数年前から市販化されているんです。

 

 

手汗を止める対策は手汗専用が効果的

 

汗を出すための汗腺というものが、体に無数に存在します。
しかし、それぞれの部位で、同じ汗でも特徴があるのです。

 

脇汗、陰部など → アポクリン腺
手汗、顔汗など → エクリン汗腺

 

手汗を抑止するなら、エクリン汗腺に効く、手汗専用のものを使わなければいけません。脇汗用のグッズを手などの違う部位に使う方もいますが、効果が出ないのは、汗腺の種類が違うためです。

 

原因が違う汗なので、効くはずがないんです。

 

さらに、脇汗対策用だと、脇のニオイを消すために、殺菌、防腐成分が使われているものが多いので、刺激が強すぎたり、肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

 

手汗のニオイが気になる…ってないですよね。手汗は99%水分、エクリン汗腺だからなのです。

 

 

当サイトでは、専門誌や美容雑誌、口コミサイトの情報をもとに、効果が高く、人気のある手汗専用のおすすめ商品をランキング形式にて紹介さえていただきます。

手汗を止める|おすすめ人気ケア商品ランキング

ファリネ

手汗対策専用パウダー「ファリネ」。テレビ、メディアなど多数で紹介され、絶大な人気となっています。手汗がひどくて彼氏と手をつなげない、仕事のプレゼン中に手汗がすごい…上記のような手汗に対して深刻な悩みを持っている方。ファリネが解決へと導いてくれます。

 

特殊ナノイオン超微粒子、ACHのダブルでの制汗。手の平の水分量を麻セルロースがしっかり調整してくれます。ファリネは、超微粒子パウダーだからこそ、手の平隅々まで効果が行き届きます。即効性があり、手軽に使える利便性が人気を呼んでいるようです。

 

継続して使うと、汗腺を衰退させてくれるのも嬉しいところですね。有効成分7種類がたっぷりつまっているので、制汗効果の高さに期待が持てそうです。

 

 

価格 容量 評価

定期初回 2,667円
(90日間返金保証)

6g (約1ヶ月分) 手汗,止める,方法,対策

フレナーラ

数多くのメディアに取り上げられていて、高い効果をしっかり感じられる、手汗対策のジェルクリーム「フレナーラ」。医薬部外品となっていて、なんと満足度が91%以上という優れもの。フレナーラの特徴は、独自テクノロジーで、分子レベルで汗を元からしっかりシャットアウトします。

 

独自技術で、植物エキス7種が、制汗作用となり、ナノ化した成分が徹底的に手の平ケアしてくれるのです。刺激成分を一切不使用、かゆみの原因となる部分もしっかり排除。プッシュ型で、化粧品のような見た目で、制汗剤とは気づかれない配慮が人気の一つかもしれません。

 

 

価格 容量 評価

定期初回 5,100円
(180日間返金保証)

23ml (約1ヶ月分) 手汗,止める,方法,対策

デトランス@

手汗対策ローションの、デトランスα。販売実績が35万本突破という名実ともに実力を誇っている、商品です。医療先進国、デンマーク生まれであり、手汗に悩んでいる方にとって、救いの手を伸べてくれます。手の平に汗を多量にかいてしまう人は、多汗症という可能性もあります。

 

また、極度の緊張やストレスなどからじっとり汗をかいてしまう人も多いですね。デトランスαを使用すると、そういった症状から開放され、サラサラした手の平を実感出来るようになります。

 

酸化アルミニウムが配合されているので、その効果はかなり期待が出来ます。手汗に思い悩んでいる方は、世界中で愛されているデトランスαを使ってみる価値はあると思います。

 

 

価格 容量 評価
初回 2,900円 100ml (約40日分) 手汗,止める,方法,対策

 

ファリネが1位の理由

ファリネは手汗のことだけを考え研究され、7つの手汗を止める有効成分をナノ微粒子サイズでパウダー化。これにより手汗の要因であるエクリン腺に直接アプローチするので、手汗をしっかりと抑えることが出来ます。

 

パウダータイプのメリットである即効性が高いことも人気の理由で、ポンポンと付けるだけで、すぐに手汗を抑えてくれます。制汗剤とは思えないデザインや小さくて持ち歩きにも便利で、手元に置いておくだけで安心感がでます。

 

手汗対策分野で抜群の知名度と、ファリネの販売実績がその実力と人気を証明しており済み、ランキング1位となっています。

 

内側からも手汗を抑えWでブロック

上で紹介したランキング商品は、手に直接つける制汗剤です。手汗の原因に対し内側からアプローチし、体の根本から改善していく人気サプリメントを紹介します。

 

アセッパー

手汗や顔汗、ニオイといった悩みを取り去ってくれるサプリメントのアセッパー。一日に一回、数粒服用するだけという簡単な方法で、汗の量、ニオイといった悩みの原因に対して効果を発揮してくれます。

 

直接口にするものなので、添加物を一切使わず、仕上げているのが大きな特徴とも言えるでしょう。また、有効成分を凝縮していて、これにより、極端な汗が出ることの原因となる、代謝不良を改善、循環を良くして老廃物の排出をスムーズにしてくれます。

 

ポリフェノール、有効成分エキスなどで、内部から汗に関するトラブルを徹底サポート。実際に利用した人たちの満足度が90%を越えているという所を見ると、効果にも大きな期待が持てそうですね。

 

顔汗、手汗など、全身の汗に対して効果を発揮してくれるので、とても重宝するサプリメントですね。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 4,800円 90粒(約1ヶ月分) 手汗,止める,方法,対策

 

緊急時に手汗を抑えるためのストレッチ

 

何が原因で手汗が吹き出る?

体質のせいで手汗が出るように感じている人は多いです。もちろん体質も大いに関係していますが、手汗は医学的にも「手掌多汗症」というれっきとした病名が付されているくらい、身体の何らかの異常を示唆する現象なのです。

 

その意味では、直接生命の危険が及ぶことはないものの、体質だからというレベルで考えないほうがよい症状であることは間違いありません。

 

精神的な要因が大きい

慣用表現のひとつに「手に汗握る展開」などという使われ方で手汗が使われます。この用例からもわかるように、手汗は緊張やストレスなどによって分泌されます。
ヒトの場合、汗腺は全身の至るところにありますので、体温調節のために手汗をかく必要に迫られることはあり得ません。

 

ところが、緊張やストレスといった精神面での不安や不快のサインとして、手のひらの汗腺が刺激されて手汗が分泌されるのです。ですから手汗をかくということは、ストレスが原因となる病気のリスクが高まっているサインでもあるのです。

 

生活習慣の乱れが原因

生活習慣病ということばが一般化され、多くの人がその予防に関心を高めるようになっていますが、反面、ありとあらゆる病気が生活習慣病に含まれる印象も強まってきています。

 

たとえば、現代人にとって最も恐ろしい「がん」も、生活習慣病の代表格というイメージがあります。あまりにも幅が広すぎる生活習慣病なので、あれもこれも病気となるとみな含まれますが、実は手汗も広い意味では生活習慣病に分類される可能性があります。

 

というのも、手汗は自律神経系の機能が低下することで起こる現象だからです。食事や睡眠の問題や運動不足などの影響で、自律神経系の乱れが起こります。それによって手汗が分泌されることも多いです。

 

食事や睡眠の問題に含まれるかもしれませんが、コーヒーブームの影響か、カフェインの過剰摂取が原因で手汗が出ることもあります。また、アルコールやタバコによる手汗も起こりうるリスクです。

 

肥満・病気が原因

肥満が健康を害する原因になりやすいことはよく知られるところです。肥満体の人が汗っかきであるということはイメージ的にも納得できると思います。肥満と汗のメカニズムが手汗にも通用する部分があるのです。

 

また、何らかの病気が原因で手汗が出ることもあります。肥満もそうですが、病気の影響で分泌される手汗の量は非常に多いです。ですから、多量の手汗が分泌されたときには、少し警戒が必要です。

 

ホルモンバランスの乱れが原因

交感神経が優位になると、汗を分泌する作用が働きます。これは、交感神経がホルモンの分泌を促すと同時に、同じ箇所にある手汗の分泌の信号を受け取ってしまうのです。これが、ホルモンバランスの乱れによって手汗を分泌する理由です。

 

女性にとって更年期、妊娠といった節目のタイミングや、生理などの影響でホルモンバランスが乱れることが多いです。そういうタイミングでも手汗が分泌されることがあります。

 

量ごとに3つのレベルに分類される手汗

手汗が気になる人は多いと思いますが、それが何らかの異常を示す現象と考える人は多くないでしょう。

 

一般的に、汗は体温調整の目的を果たすための生理現象ですが、手汗の場合、体温調整の目的で分泌することが少ない、少々例外的な汗です。
ではどういったタイミングでて汗が分泌するのかというと、経験された人は多いと思いますが、やはりストレスや緊張がその理由になります。

 

手汗は、正しくは「手掌多汗症」と呼ばれます。「症」という字が使われている以上、体質だとか個人差だとかで説明するには無理がある現象ということになるでしょう。実際手掌多汗症は、以下のように医学的な分類もけっこうしっかりとなされています。

 

レベル1:手に触れると手汗を掻いているのがはっきり分かる

 

レベル2:手の平を光を当てると、水滴と分かる・汗ばんでいるのが分かる

 

レベル3:手の平を窄めると水が溜まるくらい汗を掻いている

 

多汗症とは言っても、どちらかといえば「症候群」に近いですから、手汗に関する明確なガイドラインが示されているわけではありませんが、いちおう日本医師会では「レベル2以上」の症状が認められた場合には、医療機関で何らかの対処をする必要があるとの基準を設けていいます。

 

レベル1の場合は、体質や個人差の範囲といえますが、どうしても気になるという人は、無理せず医療機関で検査なり診察なりを受けたほうがよいでしょう。本格的に治療したいということであれば、手のひら専用の制汗剤も病院にはありますし、手汗を根絶したいというレベルで考えているのであれば、ボトックス注射を行う、または汗腺そのものを手術で取り去るという方法もあります。

 

ただ、考えようによっては、手汗をかくことが精神面をはじめとする何らかのトラブルが身体のどこかに起こっているサインであるとみなすこともできます。ですから、手汗をかくことがストレス解消のタイミングの判断材料になることもあります。そういった意味では、手汗をかかないような対処以上に、ストレス発散など精神面のケアをしっかりしてあげるという考え方が重要になります。

 

手汗をかいたからといって健康を損なうものではありませんが、手汗をかいている原因が健康を損なうリスクとなるケースは十分考えられます。ですから、ストレス発散や自律神経系の安定など、多角的な対処方法を考えていただきたいと思います。

手汗対策の種類について

経験がない人からすればその深刻さが理解できないようですが、手汗に悩む人の精神的でメリットは実に大きいです。特に女性は、どこか不潔なイメージを与えてしまう不安に駆られることが多く、できることなら手汗の悩みを解消する方法を探したいと考える人が多いです。

制汗剤の使用

手汗対策でも制汗剤の使用が有効な場合があります。他の部位に使用する制汗剤もそうですが、手汗用制汗剤にもスプレータイプ、クリームタイプ、拭き取りシートといろいろなタイプがあります。まずはどのタイプの制汗剤が自分にあっているかを検証します。というのも、タイプによっては効果の持続時間の面で多少差異が生じるからです。

 

一説では、塩化アルミニウムやミョウバンに制汗効果が見込めるという話もありますが、アレルギーや副作用のリスクがあるので全幅の信頼が置けるわけではありません。やはり肌がデリケートな人にはあまりおすすめできないといわなければなりません。

 

ツボを押す

東洋医学に詳しい人なら真っ先に思い浮かべるのがツボ療法でしょう。ツボの世界は非常に奥が深いですから、なかなか難しい面もありますが、手汗が緊張やストレスといった精神面とリンクしているという事実から、ツボを押してリラックス効果を得るという発想自体にはなるほどと思えます。

 

手汗には「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボを刺激すると効果があるとされます。合谷は、手の甲側の人差し指と親指の付け根にあります。合谷の刺激は手汗以外にもいろいろと効果が期待されるツボですから、体調がすぐれないときなどには、合谷を刺激するのもよいでしょう。

 

器具の使用

微弱な電流を流して手汗対策とする方法もあります。ただ、この方法はメリットとデメリットがそれぞれ大きいという特徴があります。というのも、普段のケアとすれば特殊器具を使用するメリットが大きいですが、手汗のために高価な器具を購入するのも現実的ではないでしょう。

 

とすると、どこか医療機関などに通院しながらの施術になるわけですが、費用対効果は正直個人差による部分が大きいと言わざるを得ません。

 

食事療法・漢方にも注目

手汗に対しても、食事療法や漢方による対策が有効な場合もあります。とはいえ、長期的な展望で本質的なところから改善を目指す際に有効であって、明日のデートの手汗対策としての即効性を期待するタイプの方法ではありません。生活習慣の改善の一環として食事を見直し、漢方がその手助けをするというイメージで、あくまでも長期的展望で実施していただきたいと思います。

 

病院で治療する

手汗とはいっても身体の不調ですから、当然病院で治療することも可能です。病院では主にボトックス注射が行われます。手汗を根絶したいなら、手術によって汗腺の除去を行うことも可能です。ボトックス注射の場合、汗腺器能を低下させるためにボツリヌス菌を投与しますので、副作用のリスクが大きく、これがデメリットになります。

 

また、1回の注射では効果が限られますので、定期的な注射が必要になります。手術の場合、やはり精神的、肉体的な負担が大きくなるところがデメリットです。ただし、1回の施術で完了できる点は注射以上のメリットがあるといえるでしょう。

手汗を抑えるために食事から見直しを

手汗にはいろいろな原因がありますが、多汗症の一種であるケースも考えられます。多汗症の場合、食生活の改善によって改善されることもありますので、手汗改善のために食生活を見直す必要があると考えられることもあります。

手汗を防ぐ食生活とは

手汗と食生活は無関係のように思われるかもしれませんが、お医者さんの意見を聞く限りでは、やはり野菜中心の食生活を心掛けることが手汗改善のヒントになりそうです。野菜の栄養素として知られるのがビタミンやミネラルですが、これらの栄養素は自律神経系の安定に貢献します。自律神経系と多汗症の関係は密接であるため野菜が多汗症を改善する可能性が高いのです。

 

もうひとつ、水分の摂取も重要になります。水分摂取が発汗を助長するように感じるかもしれませんが、そうではありません。汗は老廃物の一種ですが、水分を摂取すると老廃物の対外への排出が積極的に行われるようになるため、逆に発汗のメカニズムが正常化されるのです。

 

野菜以外では、大豆製品がおすすめです。大豆といえばイソフラボンを思いだす人が多いと思いますが、イソフラボンには発汗作用を抑制する効果があります。いずれにしても、食事を見直したところですぐに手汗抑制の効果が表れるわけではありません。ただ、長期的なスパンで考えると、体質完全によって手汗の抑制をはじめ、いろいろな健康効果がもたらされることになると考えると、食事を見直すメリットは大きいです。

 

手汗を悪化させる食生活に注意

食生活で改善が可能な手汗ですから、逆に食生活によって悪化することも考えられます。たとえばデートで手汗を抑えたいというタイミングでカレーやキムチを食べるというのは明らかなマイナスになります。また、カフェインにも発汗作用がありますので、チョコレートやコーヒーなどの摂取も、多少手汗の原因になりえます。

 

長期的なスパンで考えたときには、肉食が手汗の原因になります。やはり動物性タンパク質や脂質は発汗作用を促進しやすいといえます。実際多汗症の人は肉料理やチーズなどの乳製品を好む傾向が強いというデータがあります。というのも、動物性タンパク質や脂質は交感神経をより活性化する効果があり、交感神経からのシグナルが汗腺を刺激しやすい状況を招くことになります。

 

どこか優しい雰囲気がある草食獣に比べ、肉食獣のあのなんとも言えないギラギラした印象は、交感神経が常に活性化して攻撃的な状態になっていることを物語っています。ヒトの場合、それが結果的に手汗をはじめとする発汗作用につながるのです。

〜コラム〜
■手汗を止める方法と対策について
手のひらに汗がにじむ程度であればまだしも、ひどくなると、汗が垂れてくることがあります。
これは手のひらが汗で湿っている(レベル1)、手のひらに汗の水滴ができる(レベル2)、
そして手汗が垂れてくる(レベル3)に分類されます。
どのレベルでも手汗は止めたいと誰もが思うでしょう。ここでてあせを止める方法をいくつか紹介します。
・軽度の手汗は気にしないでリラックスする
人は誰でも緊張や興奮をすると手汗が出ますが、これは精神性発汗で、
気持ちが落ち着けば自然に汗は収まるものです。これはレベル1の状態と言えます。
なお、水分の摂取を控えるということは逆で、発汗は基本的には体温を下げる作用があるので、
水分を控えると脱水症状を起こす危険がありますし、汗と水分は関係ないのです。
・塩化アルミニウム外用制汗剤を使って手汗を止める
塩化アルミニウム水溶液は汗がでる汗腺を塞ぐ作用があります。
これを寝る前に手のひらに塗り、朝起きたら洗い流します。
治療費は安く、自宅で簡単にできます。
なお手袋を利用する密閉療法もありますが、肌に合わないと、皮膚炎を起こすリスクがあります。

・イオントフォレーシスで手汗を止める
これは弱い電流を流した水に手のひらを浸して汗腺にダメージを与えることで手汗を減らす治療です。
ただし定期的に行う必要があるので通院する必要があります。
・ボツリヌス注射で手汗を止める
この治療方法は手のひらに直接ボツリヌスを注射して神経をブロックすることで手汗を止めます。
1回の注射で3〜6か月ほどは手汗がとまりますが、保険は適用されません。
・手のひらのツボを刺激して手汗を止める
手のひらの労宮(ろうきゅう)や合谷(ごうこく)というツボを押さえて手汗を止めます。
・そのほかの方法
身体の半側発汗(皮膚圧反射)を利用する、あるいはリラックスするための腹式呼吸で手汗を止める方法もあります。