手掌多汗症の治療に方法は?

手掌多汗症(いわゆる「手汗」)の治療方法について考えてみましょう。手掌多汗症は精神性発汗だけに、治療が難しいイメージもありますが、治療法自体はいろいろあります。

 

薬物療法による治療

最もポピュラーな治療法が、薬物療法です。手多汗症の治療ではプロバンサインと呼ばれる神経遮断薬が用いられることが多いです。また、アルミニウムを配合した外用制汗剤の使用でも効果が見込めます。あとは外科的治療も有効ですが、中でもボトックス注射は最もポピュラーです。

 

ボトックス注射は、汗腺の機能を低下させることを目的とする注射療法になります。薬物による手掌多汗症の治療は、どちらかといえば対症療法的な治療ですから、薬の投与がストップすると、再び症状が現れることもあります。

 

ただ、健康への影響を最小限にとどめることができますし、コストの面でもそこまで高額にならないのが薬物療法のメリットといえます。特に手掌多汗症の治療は、ここで絶対に発症してほしくないというタイミングで治療すればよいわけですから、対症療法的な治療でも十分用は足りるとも考えられます。

 

 

手術による治療

薬物療法と違って、ほぼパーフェクトな治療を目指す人は、手術が有効です。手掌多汗症の手術では、胸部交感神経手術と呼ばれる施術を行うことが多いです。この手術によって、交感神経から発汗のシグナルが送られなくなりますので、基本的には手汗をかくことがなくなります。

 

ただ、薬物療法に比べるとどうしても肉体的、精神的、そして経済的な負担は大きくなります。しかし内視鏡を使用して行う手術であれば、保険適用内なので、上記の負担はそれぞれ多少小さく抑えることができるでしょう。

 

 

心身療法による治療

手掌多汗症は、心理療法、自律訓練法、精神安定剤による治療も可能です。特に、自律神経系のトラブルがある人への治療としては、これらの方法が有効です。ただ、ある程度長期的なスパンで治療していくことになりますので、その点では薬物療法や手術よりもピンポイントの効果を得られないデメリットはあります。

 

とはいえ、手掌多汗症の場合、やはり精神面の影響が大きい症状ですから、本質的な問題を解決する意味では理に適った治療方法であるといえるでしょう。

 

 

その他の方法

イオントフォレーシスというイオン発生装置を使った治療が採用されることもあります。これは、水の中に手を入れて微弱の電流を流して行うというやや特殊な治療法です。医療機関で実施するケースが多いですが、意外にも家庭用のイオントフォレーシスも開発されており、汎用性は意外と高いです。

 

かなり先進的なイメージがある治療方法で、実際高い効果が実感できたとする声も大きいようです。ただし、専門家の中にはこの方法による効果に疑問を唱える人もおり、今後さらに研究を進めて検証を重ねることになりそうです。

関連ページ

手掌多汗症の病態とその原因
手汗を確実に止める方法や対策をお伝えします。市販で買える手汗を止める専用のおすすめクリームをランキング形式で紹介します。手汗で悩まれている方は、ぜひチェックしてくださいね。