ツボと呼吸法で手汗を抑える

手汗が厄介な理由はいろいろありますが、やはり一番は、このタイミングでだけは出ないでほしいと思えば思うほど、激しく湧きだすのが手汗の特徴であるというところでしょう。

 

このあたりは、手汗が私たちの精神面と非常につながりが密接であることを示しています。交感神経系の異常によって分泌されることが多い手汗ですが、今回はツボを刺激し、手汗をいかに抑制するかという方法を考えていきます。

 

ツボを押して手汗を止める

発汗にもいろいろな種類がありますが、精神的なストレスや不安が原因で分泌する汗を、「精神性発汗」と呼びます。そして手汗は、その精神性発汗の代表といえます。

 

ということは逆に、気持ちを落ち着けることができれば発汗を抑えることができるとも考えられるわけですが、とするとどういった方法が考えられるのかというと、みなさんもすでにご存知のとおり、「ツボ」の押下が有効であると考えられます。

 

無数に存在するツボの中でも、手汗の抑制に有効なツボをご紹介しましょう。

 

合谷(ごうこく)

合谷は手の甲の親指と人差し指の骨が合流するところのくぼみです。合谷は神経過敏やストレス、不安などの精神的な症状に効くといわれます。また、疲れの影響を緩和するツボと言われ、万病に有効などとも言われます。

 

合谷の押下は、反対側の手の親指が最も押しやすいです。指を骨の下に入れるつもりで数秒押し、そして1秒離してまた数秒押下して・・・を5回ほど繰り返します。

 

 

労宮(ろうきゅう)

労宮は手のひらの中央にあるツボで、手を握ったときに中指の先端が触れる部分です。労宮の刺激は交感神経の緊張を鎮め、気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

反対の手の親指で、5秒前後押して5秒離すというリズムで5回ほど繰返します。多少痛いくらいの強さで押下するのが効果的とされます。定期的に行いましょう。

 

 

呼吸によって手汗を止める方法

緊張を和らげる方法として「深呼吸」という手法を採用する人は多いです。実は、深呼吸によって手汗を抑制する効果があることも確認されています。正しい深呼吸は腹式呼吸が採用されます。深い眠りでは腹式呼吸が無意識のうちに行われますが、覚醒時には意外と難しいとされる呼吸方法です。

 

コツは、呼気、つまり、息を吐きだすときにリラックスすることです。リラックス効果によって副交感神経が優位に立ちますので、交感神経系と関係が深い手汗の抑制効果も当然期待できます。

 

背筋をピンと伸ばし、すべて吐き出されるまで呼気を完全に吐き出すのがポイントです。力まず鼻から静かに息を吸い込み、リラックスしてすべて吐き出すのが正しい深呼吸です。

 

 

皮膚圧反射で汗を止める方法

ヒトの身体には、汗に関する少々変わった性質があります。皮膚圧反射と呼ばれる反射の性質で、どこか皮膚を圧迫すると、圧迫されていない側から汗が分泌するという性質です。たとえば、布団で寝ているときにも、布団と接している皮膚ではなく、その真逆の皮膚に汗が分泌するのです。

 

この性質をうまく取り入れることによって、手汗に限らず、止めたい部位の汗を抑止することができる場合もあります。もちろん少々テクニカルな方法ではありますが、練習すれば、いざというときに役に立つことがあるかもしれません。

 

 

⇒【手汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

関連ページ

手汗抑制の手術について
手汗を確実に止める方法や対策をお伝えします。市販で買える手汗を止める専用のおすすめクリームをランキング形式で紹介します。手汗で悩まれている方は、ぜひチェックしてくださいね。
手汗を止める意外な物質・重曹
手汗を確実に止める方法や対策をお伝えします。市販で買える手汗を止める専用のおすすめクリームをランキング形式で紹介します。手汗で悩まれている方は、ぜひチェックしてくださいね。