手汗抑制の手術について

手汗抑制のための方法はいろいろありますが、確実な方法として手術が考えられます。確実性は高いものの、メリット、デメリットは考えられますので、それぞれ検証します。

 

手術で交感神経を切断

発汗作用は交感神経系が副交感神経系に対して優位に立つときに起こります。手汗も例外ではありません。そこで、交感神経を切断する手術によって手汗を抑制するという考え方も採用されます。

 

手汗は過度の緊張やストレスが原因で分泌されるため、正常な反応とは言えない部分も大きく、手汗の分泌と関係がある交感神経を切断する手術は手汗対策として有効です。

 

手術というと大ごとなイメージもありますが、近年は内視鏡で簡単にカットすることが可能で、そこまで大掛かりな手術にはなりません。この手術は「胸腔鏡下交感神経遮断術(ETS手術)」と呼ばれます。

 

 

手術するメリット

いろいろな手汗対策の手法がある中で手術を行うメリットは、やはりその確実性に求められます。手の汗腺を除去すればその部分の発汗は原理上起こりません。

 

交感神経を切断するETS手術の場合は、手だけでなく額、腋の下といった部位にも作用が及びますので、広範囲にわたって制汗効果が期待できるメリットがあります。

 

医療技術が進化している現在では、傷口は非常に小さく、また手術痕もほぼ目立たちません。患者の体への負担を最小限にとどめられるメリットは非常に大きいです。

 

 

手術のデメリットもある

メリットに対する魅力だけを考えるべきではありません。デメリットもできるだけ厳しく精査し、その利害関係を明確にすることが大切です。手術するデメリットとしてまず言えることは、本来分泌すべきところに汗が分泌しなくなるという点です。

 

発汗は生理現象ですから、本来分泌しなければならないところに分泌しないことで、いろいろな弊害が表れるリスクが伴うことになります。

 

その代表的なリスクとして挙げられるのが、「代償性発汗」です。これはつまり、本来手汗として分泌しなければならない汗が分泌されないかわりに、どこか別の部位の発汗がその分多くなるというリスクです。たとえば背中やお腹、太もも、首などへの発汗が過剰になるリスクが伴います。

 

 

いずれにしても汗が分泌する部位ですから、手汗の分がそちらに回ったとしても、そこまで大きなデメリットにはなりません。ただし、手汗が深刻な人の手汗の量はかなり多いですから、代償性発汗によって、目に見えるレベルで他の部位の発汗量が増えることもあります。

 

あとは、手のひらの乾燥のリスクが多少高くなるのもデメリットといえるでしょう。費用が高い、失敗が許されないなど、手術にまつわる恒久的なデメリットも当然あります。医師と相談しながら、これらを総合的に、かつ慎重に判断してください。

 

 

⇒【手汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

関連ページ

ツボと呼吸法で手汗を抑える
手汗を確実に止める方法や対策をお伝えします。市販で買える手汗を止める専用のおすすめクリームをランキング形式で紹介します。手汗で悩まれている方は、ぜひチェックしてくださいね。
手汗を止める意外な物質・重曹
手汗を確実に止める方法や対策をお伝えします。市販で買える手汗を止める専用のおすすめクリームをランキング形式で紹介します。手汗で悩まれている方は、ぜひチェックしてくださいね。